HIVとはヒト免疫不全ウイルスのことで、エイズの発症に繋がるウイルスです。もしも怪しい症状が頻発するようであればHIV検査を使用してみてはいかがでしょうか?HIVから発症するエイズは早期治療で病気の進行を遅らせることが出来ます。

HIV検査で陽性反応が出るか調べる場所

 HIV検査は、各保健所でおこなっています。完全匿名で無料です。近くの保健所で受けたくない場合は、遠い場所にある保健所で受けることも可能です。自分が検査を受けたい保健所に電話すると、予約日時が決められ、識別番号が伝えられます。保健所側は受検者の名前も住所も電話番号も尋ねません。予約の変更や、検査結果の伝達などに使う識別番号だけですべてが回っていきます。
 受検者は予約した日時に保健所へ行き、識別番号を伝えます。保健所の建物内では、職員や他の受検者と顔を合わせますが、肝炎検査のために来ている人たちもいますので、別に気にする必要はないでしょう。この検査では、肝炎や梅毒などの性病についても検査できます。受付が済むと、個室に案内され、そこで一人の職員と一対一になり、腕の静脈から血液が採取されます。あとは検査結果を聞きに行く日が伝えられて、その日はそこで終了となります。
 検査結果を聞きに再び同じ保健所を訪れると、やはり個室に案内され、職員と一対一になります。そこで検査結果が伝えられます。検査結果を記した書面も渡されます。陽性反応が出た場合は、その後の案内もされるでしょうが、肝炎、性病、HIVすべてが陰性の場合は、そこで終了となります。
 ここまで、終始一貫して匿名が保たれます。病院で調べても、職員や他の患者と顔は合わせるわけです。保健所では匿名のまま、無料で検査が受けられます。心当たりがあって、心配している場合は、保健所で検査を受けてみるのが望ましいでしょう。HIVはそれほど感染しやすい病気ではありません。感染しても、早期発見をすれば、死に至ることももはやなくなりました。ただ、薬を飲み続けることが前提です。早期発見は何よりも大事なことです。